専門性を高めるか汎用性を高めるか

,

仕事に対する価値観が多様化してきたことに伴い、キャリア形成が非常に重要視されるようになりました。
そこでよく起きるのが、専門性を高めるべきか汎用性を高めるべきか、という疑問です。
では実際のところ、企業はこのキャリアの問題に対しどう考えているのでしょうか。
結論から言うと、両方必要ということになります。まずは、その意味を明確にすることから始めましょう。

専門性とは、いずれかに特化した知識や技術のことを言います。分かりやすい例としては、資格を挙げることができます。医師免許などの資格がその最たる例でしょう。
また、医師といっても内科や眼科など様々ですし、更に内科にも消化器内科、血液内科など分野は幅広く存在しています。これらを突き詰めると、高い専門スキルを得ることができます。

汎用性とは、どの分野であっても必要なスキルのことを言います。
例えば、ビジネスマナーやコミュニケーション能力などがあります。何かを行うための基礎的な能力だと言えるでしょう。

このように2つのスキルがあるのですが、どちらも大切であり、両方を獲得しておく必要があります。
もし仮に高い専門スキルだけを持っている人がいるとしましょう。その人にコミュニケーション能力がなければ、専門スキルの重要性を説明することができません。専門性が高いがために周りが理解できないのです。
逆に汎用性だけがある人の場合だと、その人でなければならない理由がありません。なぜなら誰でもやろうと思えばやれるからです。
つまり、片方だけではなく両方のスキルを持っていることがキャリア形成には大切です。
なお、<<今求められる専門性>>には、この2つのスキルを伸ばしながら実際に活躍する方法が紹介されていますので、しっかりと読んでおきましょう。